2016.02.16

貴族、椀飯振舞をする。

%e6%a4%80%e9%a3%af%e6%8c%af%e8%88%9e_front
img_6120_02
「にっぽんの梅干し展 in 紀州」の単発イベント
お客様まかせの、おもてなし企画。

平安時代、貴族がお客様をおもてなしする際に、
「椀飯」という料理を振舞っていたそうです。
「椀飯振る舞い」の語源はこの事実からです。
なんと、その「椀飯」に梅干しが使用されていた
という一説があり、本イベントが企画されました。

参加者には「平安衣装」に着替えていただき、
用意された台本でお客様自ら進行をし、
余興を楽しみ、山田英季さんがつくってくださる
「椀飯」を食します。

この催しで必要な「梅干し」「平安衣装」「漆器」は
すべて紀州の文化です。
紀州あってこその本企画で地元を見つめ直し、
活性化に繋がることを目指しました。

料 理:山田英季さん(and recipe)

企画制作:BambooCut
         

日 時:2016.02.11

参 加:19名

会 場:紀南文化会館展示ホール
    和歌山県田辺市新屋敷町1

協 賛:田辺観光協会
    よってって(株式会社プラス)
    株式会社たがみ

後 援:和歌山県
    田辺市
    田辺市教育委員会
    (株)紀伊民報
    (株)和歌山放送
    FMTANABE(株)

主 催:梅産業観光フェア実行委員会
(構成団体:田辺商工会議所・紀州田辺梅干協同組合・田辺観光協会・紀州田辺観梅協会・田辺市熊野ツーリズムビューロー)