イベント

気仙沼の「鶴亀食堂」が浅草の「梅と星」でスナックを!

宮城県気仙沼の魚市場前に「鶴亀の湯・鶴亀食堂」という漁師さんにたいへん愛されているお店があります。新鮮な魚でつくるご飯の味たちも魅力ですが、「人」も素晴らしいのです。漁師さんたちが朝からビールを片手にリラックスして楽しんでいる光景は、まさに「朝のスナック」です!

そんな「鶴亀食堂」が
2023年1月18日(水)〜20日(金)の3日間、
浅草の「梅と星」にやってきます!

気仙沼の鶴亀食堂は朝7時〜お昼過ぎの営業ですが、
今回の梅と星では18時〜22時(L.O21時)の夜営業です。

浅草まで駆けつけてくれる
スナック鶴亀の“ママ”をご紹介します!

ひとり目は

(写真・右)

●えま
1991年、東京都出身。大学在学中に東日本大震災の復興ボランティアとして気仙沼を訪問したことをきっかけに,漁師の生き様に魅せられ、就職をやめて大学卒業と同時に気仙沼へと移住。
20〜30代の移住女子たちと古民家をシェアハウスしながら暮らす様子を「ペンターン(半島移住)女子」としてブログで発信したり、2019年夏には漁師のための「鶴亀の湯/鶴亀食堂」立ち上げに携わり、2020年から若手漁師の募集・マッチングを気仙沼市と協働で行っています。

ふたり目は

●さちを
1992年、奈良県出身。2011年9月大学2年生の時にボランティアで気仙沼を訪れたことをきっかけに、大学卒業後移住。2016年に地元の消防士と結婚し、二児の母となる。
ボランティア時代からの友人・根岸に力添えしたいという思いから、2019年より「鶴亀の湯/鶴亀食堂」のスタッフとなり、2022年4月からは若手漁師の担い手育成事業も担当している。

当日ご用意する料理は

●メカジキのカマ煮定食
●カツオ刺身 or なめろう
●ワカメしゃぶしゃぶ
●アナゴ天ぷら
●生牡蠣
●漁師大好きウィンナーエッグ
●牛タン
●三陸メカブ
●気仙沼の塩辛
●気仙沼の地酒
などなど

「THE 気仙沼」なラインナップを予定しています!

気仙沼の“今”や“移住”のこと“漁師”という職業のこと、
いろんな話と料理とお酒をつまみながら、
または、がっつりと頬張りながら、
ママたちとたくさんお話ししてください!

ご来店、心よりお待ちしております!
漁師さんのお越しも大歓迎でーす!

「スナック鶴亀」

2023年1月18日(水)〜20日(金)
18時〜22時(L.O21時)
場所:浅草「梅と星」
〒111-0032 東京都台東区浅草2-2-4
予約:不要

イベント

ちょっと大人な着物体験
produced by 浅草右近屋
▶︎2月3日〜5日 @梅と星

2月3日(金)〜5日(日)の3日間、
浅草「梅と星」の2階で着付け体験ができます!

浅草右近屋さんの素敵な着物ご用意し、
もう一歩先の大人なコーデで
大人っぽい着物を体験してください。
そして、浅草の街をたのしんでください!

体験の内容は

着物を着ていただき、
梅干しとお茶も味わっていただきます。

このフルセットで6600円(税込)
とってもお得な内容になっています。

もちろん、予約の必要はなく、飛び込みOK!

皆さまのご来店お待ちしております!

「もう一歩先 大人コーデ 大人っぽ着物」
produced by 浅草右近屋

開催日:2月3日(金)〜2月5日(日)
時 間:9:30〜17:00(最終受付15:30)
    ※閉店時間の17:00までにお戻りください。
料 金:6.600円(税込/梅干しとお茶セット付)

イベント

仁科勝介さんの写真展を浅草「梅と星」で開催します

写真家・仁科勝介さん(通称・かつおくん)の写真展を浅草・「梅と星」で開催します!

日本の全1741の市町村を巡り『ふるさとの手帖』(KADOKAWA)という写真集でデビューした仁科勝介さんは、2022年、新しい写真集をつくりました。東京23区のすべての駅に降り立ち、様々な東京を感じて切り取った、『どこで暮らしても』(自費出版)というタイトルの写真集です。

今回は「浅草」という観光客の多い場所での展示ということで、“もしも外国人の人に「東京」を伝えるなら”そんな目線で再編集をした展示内容となっています。

仁科勝介の感じた「TOKYO」とはいったいなんなのか。
写真集には掲載されていない写真もたくさんあります。
ぜひ、浅草の「梅と星」までお越しくださいませ。

新年早々、縁起の良い催しが開催することができてとてもうれしいです!みなさまのお越しをお待ちしおております。

写真家。1996年、岡山県倉敷市生まれ。広島大学在学中に、日本の全1741の市町村を巡った。『ふるさとの手帖』(KADOKAWA)をはじめ、2022年には『どこで暮らしても』(自費出版)を刊行。

■ Twitter @katsuo247

■ Instagram @katsuo247

仁科勝介写真展
「This is TOKYO」

会期:2023年1月1日(元旦)〜31日(火)
   ※休:10日〜13日、16日、23日、30日
時間:9:00〜17:00
場所:浅草「梅と星」 
   〒111-0032 東京都台東区浅草2-2-4

イベント

本と喫茶と情報が集まる
『食いしんぼうの広場』
@梅と星“うわのそら”
▶︎2024.2.20〜3.24

 
梅と星の2階“うわのそら”にて、
Yellowpageさんとのイベントを
2月20日から約1か月間開催します!
 

 
「Yellowpage」とは、
現代の食文化を研究する渥美まいこさんが
運営する食メディアです。
 

▲YellowpageのHP

▲Yellowpage主宰の渥美まいこさん

 
このイベントは、そんなYellowpageさんと
いろんな「おいしい企画」を寄せ集めた
おいしそうなイベントとなっています。

ぜひぜひ、おいしいものが大好きな
食いしんぼうさんたちに楽しんでいただきたい!
そんな気持ちをいっぱい込めて
「食いしんぼうの広場」と名付けました。

さて、どんな「おいしい」が集まっているか
紹介していきたいと思います!
 


1. おいしそうな本

 
Yellowpage主宰の渥美まいこさんが所蔵する
「食の本」がなんと約400冊ほど!
フリーで読むことができます。

昭和時代の料理本や雑誌、
1990年以降の料理王国200冊、
食のエッセイ本、食文化本など
すべて《無料》で楽しめます。

それに加え、
梅と星を運営するBambooCutが
所蔵するおいしそうな本も含め、
合計で500冊以上が会場に並びます。

気になる本を、まるで小さな図書館のように
ゆっくりとご覧いただけたらと思います!
 


2. うめぇ喫茶

 
梅と星の名物「絶品梅干しサワー」をはじめ、
梅スカッシュや梅昆布茶などもご用意します。
安心してください。「梅はそんなに…」
という方のためにコーヒーやお茶もございます。
もちろん梅干しもありますよ!!
 


3. 絶対おいしい掲示板

 
来場した方には「最近おすすめのお店」を
どんどん貼っていただくボードを用意します。
おいしい好きがおいしい好きのために
おいしい情報を展示していく
「絶対おいしい掲示板」をお楽しみに!
 


4. うれしい差し入れ

 
こちらはチャレンジングな企画です。
渥美まいこさんや梅と星からの
”おいしい差し入れ”を用意します。

それで、もし、よろしければ、
来場者のみなさんにも差し入れを
持ってきてもらえたらうれしいです!
(強制じゃありません!絶対ではありません!)

いただいた差し入れは、
そのあとに来ていただくお客様たちにも
おすそわけしていきながら
「おいしいの循環」がつくれたら
とてもおもしろいんじゃないかと!
そんな風に思っています。

ご持参いただけた方には、
心ばかりですが、梅と星からの御礼として、
私たちが丹精込めてつくった梅干し「梅子」を
小瓶に入れて、おすそわけします!
 


★. 1dayイベント

 
1ヶ月という長期のイベントになりますが、
その間に1日だけのおいしい単発イベントを
いくつかご用意いたしました。

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

2月24日(土)13:00~

 
Yellowpage 渥美まいこさんによる
「京都のおみやげを一緒に食べながら
2024年の食トレンドを大予測します!」

 

 
ここ近年の食トレンドの動向をおさらいし、
2024年春先以降にどんな食が注目されるか
大胆に予測する会です。
渥美さんの京都出張土産を食べながら、
わいわい!ワイワイ!やりましょう!

出 演:渥美まいこ(Yellowpage)
聞き手:竹内順平(BambooCut)
参 加:無料
日 時:2月24日(土)13:00~
定 員:15名

⚫︎渥美まいこさんのX(旧Twitter)
 
 


2月24日(土)15:00~

 
アイスの恋人あつま~れ!
「ロッテの北村考志さんとアイストーク」

 

 

ロッテの戦略商品企画課・北村考志さんと
一緒にアイス談義をする会。
お申込者は北村さんからの
アイスの差し入れが食べられます。
参加するとアイスについてちょっと詳しくなれる、
たのしい時間を一緒に過ごしましょう。

出 演:北村考志(株式会社ロッテ)
聞き手:渥美まいこ(Yellowpage)
参 加:無料
日 時:2月24日(土)15:00~
定 員:15名

⚫︎北村考志さんのインタビュー記事飲むアイス「クーリッシュ」のおいしさの秘密
  


3月9日(土)18:00~/19:00~

 
にぎりびと神谷よしえさんが
梅と星でにぎってくれます!

 

 
大人気のにぎりびと・神谷よしえさん。
手から手にお渡しするおにぎりと、
永尾豊裕園のお茶、お味噌汁やお漬物を
どうぞゆっくりとお楽しみください。

ゲスト:神谷よしえ
助っ人:渥美まいこ(Yellowpage)
日 程:3月9日(土)
時 間:18:00~/19:00~ (計2回)
参 加:5,500円(税込 6,050円 )
定 員:各回8名

⚫︎「おにぎり神谷」のHP
 


3月20日(祝)13:00~

 
Yellowpageの渥美まいこさんによる
「2000年~流行ったものを食べながら
食トレンドを振り返りトーク!」

 

 
Yellowpageでは「2000年代の
食トレンドの年表」を公開中。
年表をみんなで眺めながら
懐かしい食トレンドを振り返り、
流行の背景や食の変化について語ります!

出 演:渥美まいこ(Yellowpage)
聞き手:竹内順平(BambooCut)
参 加:無料
日 時:3月20日(祝)13:00~
定 員:15名

⚫︎渥美まいこさんのX(旧Twitter)
 


3月20日(祝)17:30~

 
世界の台所探検家・岡根谷実里さんと
食べて、話して、考える。
「おいしそうだけど
本当においしいかわからない世界の話」

 

 
岡根谷さんの旅のお土産をつまみながら、
直近の旅報告から、世界の食課題について
共有し考えていきます。

出 演:岡根谷実里
聞き手:渥美まいこ(Yellowpage)
参 加:3,500円(税込 3,850円)
日 時:3月20日(祝)17:30~
定 員:15名

⚫︎岡根谷実里さんのX(旧Twitter)
 


 
以上の内容でお送りいたします!

ボリューム満天でお腹いっぱいになりそうな
おいしそうなイベントになるように
ひとつひとつたのしい内容にしていきますので、
食いしんぼうのみなさん!
ぜひ、浅草・梅と星の2階“うわのそら”まで
お気軽に足をお運びくださいませ。

心よりお待ちしております!
 

 
本と喫茶と情報が集まる
『食いしんぼうの広場』

2024年2月20日(火)~3月24日(日)
定休日:月曜日
10:00~17:00
入場無料
会場:浅草・梅と星2階“うわのそら”
〒111-0032 東京都台東区浅草2-2-4

 

 
※渥美まいこさんの在廊予定日は

2月
21日(水)PM
23日(祝)
24日(土)
28日(水)PM

3月
2日(土)
7日(木)PM
9日(土)
13日(水)PM
16日(土)
20日(水)

となっていますが、
急遽在廊できなくなる場合もございます。
あらかじめご了承のほどお願いいたします。
 

イベント

新年早々に気仙沼の名店・斉吉商店さんの〈鼎・斉吉〉が浅草の「梅と星」にやってきます!

新年最初のイベントのご案内です!

なんと、気仙沼の名店・斉吉商店さんの〈鼎・斉吉〉が「梅と星」にやってきます!

お昼は地魚をつかった海鮮丼!
夜はコース料理(要予約)をご用意しています。

会期は以下の通りでございます。

●お昼は予約なしでご来店いただけます。

●夜は〈要予約〉なのですが、今回は斉吉さんのお客様へ先行のご案内をさせていただき、満席となっております。何卒ご了承ください。

1月12日(木) 昼・夜(夜満席)
1月13日(金) 昼・夜(夜満席)
1月14日(土) 夜のみ(夜満席)
1月15日(日) 夜のみ(夜満席)

12日と13日のお昼の営業は
11時〜14時(L.O)

となっています。
梅と星の通常営業時のお食事はお召し上がりいただけませんので予めご了承ください。

★お料理について

【昼メニュー】
●鼎・斉吉の海鮮丼 3000円(税込)
気仙沼の地魚中心に6~8種類ほどのネタの海鮮丼です。
鮮度はもちろん、ネタそれぞれに持ち味を引き出す手当てをしてご用意します。

●鯛の胡麻漬け丼(味噌汁・梅干し付き)2500円(税込)
国産の真鯛を特製の胡麻漬けタレで漬に仕上げました。後半はお出汁で鯛茶漬けでどうぞ。

【夜メニュー】
●鼎・斉吉コース 5500円(税込) ※要予約/満席

鼎・斉吉のコース料理 気仙沼の地魚をメインに、出来立て一番のおいしさをお楽しみください。

□斉吉のさんま出汁のお椀もの
□気仙沼の地魚のお刺身
□気仙沼産アジフライと蟹クリームコロッケ
□継ぎ足しの煮タレで炊く名物の「煮魚」
□梅と星の羽釜で炊いたご飯と味噌汁
□甘味

※お椀物、刺身はこんな感じです。仕入れによって変更になる場合がございます。
※お飲み物は別料金となります。

以上です。
ぜひ、お昼にお越しいただけますと幸いです。浅草で新鮮な気仙沼自慢のお魚たちを堪能してください!

心よりお待ちしております。

イベント

気仙沼漁師カレンダー展@めぐろパーシモンホール(2023年1月18日〜2月28日)

めぐろパーシモンホールがこれまで、目黒区友好都市である宮城県気仙沼市の復興支援を目的に2022年まで開催してきた「東日本大震災復興支援コンサート」。その中で、力強く進む気仙沼市の「今」を発信する場として開催してきた「気仙沼漁師カレンダー展」を友好都市応援プログラムとして今年も開催いたします!

歴代のポスターも掲載しています。

まちの宝を発信したいという気仙沼の人たちの想いから誕生した『気仙沼漁師カレンダー』
2023年版の撮影を担当した写真家・公文健太郎が漁師の生き様とそれを支える人々、そして気仙沼を感じられる写真を捉え、見ごたえたっぷりのカレンダーが出来上がりました。
カレンダーを企画した「気仙沼つばき会」の皆さんの活動の魅力と共に『気仙沼漁師カレンダー展』を開催します!
展示期間中はホールチケットセンター窓口でカレンダーの販売しております!ぜひお手に取ってご覧ください。

「気仙沼漁師カレンダー」のHPはこちら

●「気仙沼漁師カレンダー展」
写真家:公文健太郎
開催期間:2023年1月19日(木)~2月28日(火)8:30~22:00

●カレンダー販売
販売期間:同上(10:00~19:00)
価格:1,700円(税込)〈通常価格:1,875円〉
取扱:めぐろパーシモンホールチケットセンター窓口
会場:めぐろ区民キャンパス地下1階プラザ時間
料金:観覧無料

バンブーカットのオンラインストア BambooCut Market

バンブーカットのオンラインストア BambooCut Market